森次医院では海外赴任、出張、留学、ボランティア活動、観光など、海外 旅行のための予防接種や健康相談などを専門に行っています。

感染症の予防対策
海外旅行者が感染症から身を守るために必要なことは、出発前に予防接種を受け、旅行中は病原体に接触しないように務め、更に、ストレスなどを貯めて身体の防衛機能を低下させないことです。全ての感染症に予防ワクチンが作られているわけではないので、旅行中の心がけが大変重要になります。病原体には固有の感染経路があります。ここでは、口から入る病気、昆虫に刺されて感染する病気、動物に咬まれて感染する病気、性的接触などの濃厚な接触により感染する病気、空気感染による病気、病原体が土壌とか水中に存在して傷口や皮膚から感染する病気などの感染経路別に予防手段を考えて見ましょう。

1.飲食物から感染する病気

ポリオ、腸チフス、赤痢、コレラ、病原性大腸菌感染症、ノロウイルスなどによるウイルス性下痢症、E型肝炎、腸管出血性大腸菌O157感染症、日本では珍しいアメーバ赤痢、ジアルジア症などは病原体に汚染された食品とか飲み水から感染します。症状も、比較的軽い毒素原性大腸菌(ETEC)下痢症から重症の腸チフスまで多彩です。飲食物から感染する病気を防ぐ基本は、過労やストレスを避け、食べ物、飲み物などに注意し、加熱調理されていない食品、調理後室温に放置されている食品などを食べないこと、生水を飲まないことなどです。自分で果物の皮を剥く習慣も大切です。ポリオ、A型肝炎、腸チフス、コレラなどは予防接種で防ぐことが出来ます。

2.昆虫が媒介する病気

昆虫が媒介する病気は種類が豊富です。日本では日本脳炎とかツツガムシ病などがありますが、外国には蚊が媒介する黄熱、デング熱、リフトバレー熱、西ナイル熱、マラリア、マダニが媒介するダニ脳炎、出血熱、野兎病、ライム病、ノミが媒介するペスト、シラミが媒介する発疹チフス、日本に生息していないサシチョウバエが媒介するリューシマニア症、ツェツェバエが媒介する睡眠病、サシガメが媒介するシャガス病など多種類の病気があります。昆虫媒介性の病気を防ぐ基本は虫に刺されないことです。危険な地域を旅行する場合には、帽子、手袋、長袖シャツ、長ズボンなどの着用し、昆虫忌避スプレー剤、蚊取り線香、蚊帳などを使用するなどの対策が必要です。日本脳炎、黄熱、ダニ脳炎などは予防接種で防ぐことが出来ます。マラリアには予防薬があります。

3.動物から感染する病気

イヌ、ネコ、野生動物などに咬まれて発病する狂犬病が有名ですが、E型肝炎、ニパウイルス脳炎、ラッサ熱、エボラ出血熱、高病原性トリインフルエンザAH5N1などの新興感染症も動物から感染します。E型肝炎はブタ、イノシシなど、ニパウイルス脳炎はブタ、ラッサ熱はネズミ、エボラ出血熱はコウモリ、トリインフルエンザはニワトリ、アヒルなどが自然宿主です。これらの病気を防ぐ基本は、各疾患の発生情報に注意すること、怪しい動物に近寄らないこと、生肉・生乳を食べたり飲んだりしないことなどです。狂犬病は予防接種で防ぐことが出来ます。

4.性感染症・血液感染症

HIV/AIDS、B型肝炎、梅毒、淋病、クラミジア感染症、陰部ヘルペス、子宮頸癌などが性感染症の主なものです。C型肝炎は性交渉では感染しませんが、輸血、血液製剤、などで感染します。性感染症を防ぐ基本は不特定の相手と性交渉を持たないこと、コンドームの使用などです。B型肝炎と子宮頚癌は予防接種で防ぐことができます。

5.空気感染・飛沫感染

ジフテリア、百日咳、麻疹、風疹、おたふく風邪、水痘、ヘモフィリスインフルエンザb型菌(Hib)感染症、髄膜炎菌感染症、肺炎球菌感染症、ロタウイルス感染症などの小児期の感染症は空気感染、飛沫感染、接触感染などで広がります。インフルエンザ、麻疹、風疹、おたふく風邪、結核、流行性髄膜炎などは大人も感染します。レジオネラ症と肺炎球菌感染症は高齢者の病気です。新興感染症のSARSは飛沫感染で広がります。これらの感染を防ぐ基本は人混みや埃の多い場所を避け、外出から帰った時の手洗い嗽などです。ジフテリア、百日咳、麻疹、風疹、おたふく風邪、水痘、流行性髄膜炎、Hib感染症、肺炎球菌感染症、ロタウイルス感染症などは予防接種で防ぐことが出来ます。

6.土壌・汚水などから経口又は経皮感染する病気

破傷風菌は土壌中の菌が傷口から感染します。レプトスピラは野生動物の排泄物で汚染された水などに含まれる菌が傷口から感染します。回虫は虫卵により汚染された生野菜などから感染します。鈎虫、糞線虫などは土に潜む幼虫が皮膚から侵入します。住血吸虫は河川や湖水に潜んでいる幼虫が皮膚から侵入します。感染を防ぐ方法は、生野菜を食べないこと、素足で歩かないこと、河川や湖に入らないことなどです。洪水とか災害の後などには特に注意しましょう。破傷風は予防接種で防ぐことが出来ます。
トップへ戻る